S2000によくある故障&トラブルまとめ!

S2000トップ画像 S2000

S2000とは?

ホンダ唯一のオープンFRとして1999年4月に発売されたSシリーズ第4弾のスポーツカー。
初期型はレブリミット9000回転というシビレル直列4気筒F20Cエンジンを搭載しているピュアスポーツカーです。
管理人も大好きでなんとか購入したかったのですが、S2000の中古車プレミア価格の為断念した経緯がありますw
2005年11月にモデルチェンジし排気量が2000CCから2200CCへアップ、型式もAP1からAP2となりました。
車好きの間では乗りやすくなったAP2よりも、切れ味の鋭い初期型AP1が人気のようです。実はエンジン、足回り以外にもミッションも構造変更されており、そちらも初期型の方が豪華な作りとなっているようです。

仕様

車種名 S2000
型式 前期型:AP1
後期型:AP2
製造年 AP1:1999年4月~2005年11月
AP2:2005年11月~2009年8月
エンジン AP1:直列4気筒:F20C
AP2:直列4気筒:F22C
排気量 AP1:2,000cc
AP2:2,200cc
馬力/トルク AP1:250PS/22.2kg
AP2:242PS/22.50kg
ミッション 6MT
駆動方式 FR
燃料 ハイオク
全長 4,135mm
全幅 1,750mm
全高 1,285mm
車両重量 AP1型:1,260kg
AP2型:1,270kg
タイヤサイズ AP1 – F:205/55R16 R:225/50R16
AP2 – F:215/45R17 R:245/40R17
ワイパーサイズ F右:50cm/F左:40cm

 

S2000にありがちなトラブルまとめ!

期型はピーキー?

これはS2000を調べていると非常によく見かける情報です。
エンジンの搭載位置、サスペンション・スタビライザーなのどの足回りのセッティング、等々様々な要因があるようです。
様々意見がある為管理人も明確な説明は出来ないのですが、リアに過重がかかった際にトーインになるのですが、サスペンションストロークが少ない事と、スタビライザーが強い為荷重が抜けた際に唐突にトーが戻り、スリップアングルが小さくなり一気に滑りだす。
という感じでしょうか。この辺は他のサイトでより詳しく調べてみたほうが良いと思います。

 

対策は!?

根本的な解決方法は、足回りを改良されたAP1後期型、AP2型にそっくり入れ替える。
ですがこの方法はかなり出費がかかる為あまり現実的ではありません。
足回りを社外品にするなど色々方法はあるようなので、S2000やスポーツカーが得意なショップに相談してみるのが良いと思います。

 

 

O2センサーと触媒の故障

ある程度激しい乗り方(サーキットなど)を行っているとチェックランプが点灯し、調べてみるとO2センサーと触媒の故障だったというトラブルがあるようです。排圧と熱で触媒も故障しO2センサーが潰れてしまうとの事。

 

 

対策は!?

こうなってしまっては交換しかありません。
触媒が45,000円前後で、O2センサーが20,000円前後のようです。さらにプラス工賃なのでそこそこの出費になってしまいます。
激しい走行を行っている方は要注意ですね。

 

熱ダレで加速しない

夏の暑い日などに、高回転までエンジンをまわしたり、渋滞につかまったりとなにかエンジンルーム内の温度が上昇する要素があると発生するようです。吸気温度の上昇などでセーフモードに入り、エンジンパワーを落とすようですね。

 

対策は!?

吸気温度を下げるにはノーマルのインテークからクーリング性能の高い社外品などに交換する事でしょうか。
それでも元々高回転エンジンなので回せば温度は暑くなりがちなので、サーキット走行などでなければクーリング走行に努めるしかないでしょうか。

 

持病のオイル減り

初期型によく起こるようですが、高回転エンジンの為かオイル減りがあるようです。
1000キロ走行後オイルが1L減る場合は不具合の可能性があるとの事。

 

対策は!?

ピストンリングの交換などがあるようです。主にAP1で起こるようなのでAP2乗りの方は気にしなくも大丈夫かな?

 

ランク周りの不具合

スペアタイヤの固定が緩みガタガタ音がする個体があるようです。もちろんこれは音がすればしっかりと固定すれば問題なしですね。
それとスペアタイヤの部分に水が溜まるようです。洗車や雨水などが工具トレーの下に溜まる為発見が遅れがち、気が付いたときに一度確認してみるといいでしょう。

 

リクエスト募集中!

この車のトラブル&故障をまとめて欲しい!

こんなトラブルがあったよ!

などなど様々なリクエスト・情報をお待ちしています!

コメント