初代コペンL880Kのよくあるトラブル&故障まとめ!

コペントップ画像 L880Kコペン

初代コペンとは?

2002年に登場したダイハツの軽オープンカーのコペン。

軽自動車規格ですがメタルルーフを持つ本格派。

10秒程度ですぐオープンに出来、軽快感のある走りが最高です。

既に2代目コペンが登場しましたがまだまだ人気の車両ですよね。

実は管理人も10年以上乗っていました。

その経験を踏まえて初代コペンにありがちなトラブルをまとめてました!

仕様

車種名 コペン
型式 L880K
製造年 2002-2012
エンジン 直列4気筒ターボ
排気量 660cc
馬力/トルク 64PS/11.2kg
ミッション 4AT/5MT
駆動方式 FF
燃料 レギュラー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,245mm
車両重量 800-840kg
タイヤサイズ 前後共に 165/50R15
ワイパーサイズ F右:45cm/F左:40cm

 

コペンにありがちなトラブルまとめ!

マフラー脱落

コペンのマフラーはセンターの2本出しになっていますが、決まって右側が脱落するようです。

まさにコペン特有の症状で錆が発生し千切れるように取れます。

管理人が乗っていたコペンも漏れなく取れましたw

 

対策は!?

管理人のコペンは、8万キロ位でダメになりましたが、ガレージ保管で雨の日は乗っていない車両ならもっと持つと思われます。

出来るだけ湿気に気を付けるしかないですね。

テールエンドだけの交換なので2万円+工賃程度の出費で済むのでそれほど財布へのダメージが少ないのが救いですw

 

冷却液漏れ

初期型のコペンで発生。

ラジエーターホースのジョイントのような部分が樹脂製で割れてしまい、冷却液が漏れる。

当時のダイハツのターボ車によくあるトラブルのようです。

 

対策は!?

恐らく現存する車両は全て対策品に交換されているのではないでしょうか?

管理人の車両も4万キロ程度で発生したトラブルなので恐らくほとんど対策済みと思われます。

仮にまだ対策前でも1万円もかからず対策可能ですので安心して下さい。

 

リアフェンダーの錆

これもコペン乗りの悩みの種ですね。

普段使いしている車両はリアフェンダーがかなり高い確率で錆ます。

 

対策は!?

正直なところマフラー脱落の対策と同じく、湿気を出来るだけ遠ざけるしかありません。

まだ錆びる前ならコーキングや錆止め塗装を依頼するのが一番安心かもしれませんね。

板金でも再発すると思われます。

腕のいいショップなら何か対策方法があるかもしれません。

ちなみにリアフェンダーは交換となると、パーツ代6万円ほどかかり、さらに溶接をはがしてからの再溶接になるのでかなりの金額が掛かります。

 

屋根とフロントウィンドウのガチャガチャ音

屋根とフロントウィンドウの接続部分からガチャガチャ音がする場合があります。

初期型の対策品になる前の車両で発生します。

パーツ同士のクリアランスが大きすぎて音が発生しているようですね。

 

対策は!?

ダイハツから対策品が出ておりますが、工賃含めて数万円するようです。

実はホームセンターなどで売っている家具の脚に貼る丸い布シールを接続部に貼ると解決しますw

見栄えがよろしく無いので気になる方は対策品をオススメしますが、100円でシールが買えるのでまずは試してみては?

 

リクエスト募集中!

この車のトラブル&故障をまとめて欲しい!

こんなトラブルがあったよ!

などなど様々なリクエスト・情報をお待ちしています!

コメント